実際のドレスレンタル利用から返却・支払いまでの流れ

ドレスレンタルは気軽にドレスが借りられるサービスですが、借りてその後の返却までの手続きも非常に簡単です。

 

実店舗もネット注文も、お店に行くか自宅で行うかの違いで、流れの違いはそれほどありません。

 

ドレス選びから発送までの手順とは

まずは気に入ったドレスを見て、自分が着たい日にそのドレスの利用が可能か確認しましょう。確認できたら次は支払い方法を決めます。

 

実店舗であればその場で支払う事ができますが、ネット注文の場合は、振込かクレジットカードがメインとなります。

 

レンタルは基本的に前払いの所が多いので、支払いを済ませてからの発送となります。発送は着日を指定でき、大体は使う日の2日から1日前が基本となっています。

 

他にも借りたい人がいるので、1週間や2週間も前から借りられる事はありません。

 

また保管の面でもドレスは難しいので、借りたらすぐ着てすぐ返す、これが基本の流れになります。ただ予約だけなら前もってできる所もあります。

 

使用後はどんな流れで返却する?

ドレスで使用して着たら、基本は翌日の午前中までにコンビニや集荷で返却するのが基本となっています。

 

運送業者

 

箱は配達時の物を使ったり、伝票などは全て配達の時に一緒に手配してくれている所がほとんどでしょう。

 

伝票の記入はしなくても書いてありますし、返却料金はレンタル料金に含まれている事が多いです。

 

クリーニング代金もレンタル料金に含まれる事が多いので、わざわざ洗って返す必要のない所がほとんどです。

 

前日に届いて、翌日には返す2泊3日か、3泊4日くらいのスタイルが基本となるでしょう。